不動産手続きをスムーズにする為に事前にやっておく事とは

不動産取引で絶対に失敗したくないあなたへ

知っているのと知らないのでは大違い!トラブル知らずの売却術

「そろそろマイホームを購入したい」「子どもが生まれたからもう少し広い家に住みたい」このような思いは、人生の節目で幾度かは経験することかもしれません。また近年は核家族化が進み、「夫婦二人には広すぎて手入れも大変だから住みかえたい」という年配のご夫婦もふえています。

しかしながら、不動産を買う、売る、こういったことは人生においてそれほど頻繁に経験するものではありません。ほとんどの方が初心者なのです。にもかかわらず、動くお金は大きく、人生最大の買い物という方がほとんどでしょう。

また、お金だけの問題ではありません。生活の基盤となる住居を売り買いするとなれば、家族全ての生活環境が大きく変わります。不動産取引は、不動産そのものを手に入れる、手放すというだけではなく、その不動産を取り巻く環境も含めてを売り買いするということです。物件そのものだけに注目してもだめなのです。
遠方へ引っ越す場合や知り合いのいない地域の物件を購入する場合など、そのエリアの地域情報が少ないということもあるでしょう。いくら物件自体が理想にぴったりだとしても、そこに住んで生活してみたら思っていたのと違った、とても不便を感じるとなれば大変です。

そういったことを頭に置いたとき、初めての方にとっては不安を感じることも多いと思います。資金計画、税金、法律上の手続きなど、これまで経験したことがないことをする必要も出てきます。
もちろんそういったことを請け負う専門家はいます。仲介業者が手取り足とり手続きをしてくれるかもしれません。でも、一つ一つの判断をするのはあなたです。その判断を間違ってはいけないのです。

そのためにはどんな準備が必要なのでしょうか。あなたが後悔のない不動産取引をするために今できること、それをご御紹介したいと思います。

↑ページの先頭へ