不動産取引で絶対に失敗したくないあなたへ

ここをチェック!物件選びのコツ

自分の資金力を把握しておきましょう

まず何よりも大切なのが資金の準備と計画です。資金計画をおろそかにすると、後々大変なことになってしまいます。

不動産購入には、物件そのものに払う費用だけではなく、多くの諸費用がかかることを頭に入れておきましょう。例えば、印紙税、登録免許税、不動産取得税や事務手数料、ローンを組む場合の融資手数料、火災保険料、団体信用生命保険料、保証料などです。

そのための資金を頭金とローンで賄うのが一般的です。
頭金の目安として物件価格の20%という数字がよく挙げられています。
もちろん、頭金が多ければ多いに越したことはないのですが、足りなかったとしても、月々の返済能力が十分あるのであれば購入は可能です。

自分たちが今後どれだけの収入を得られる見通しなのかを見定める必要があります。現在は共働きでも子どもが生まれてからはどうなのかなども考えねばなりません。その上でどれぐらいの物件が購入可能かを把握しておきましょう。


ライフプラン、ライフスタイルを確認しよう

マイホームの購入となると、一戸建てにするのかマンションのほうがいいのか、あるいは、新築にするのか中古にするのか、リノベーションするのかしないのか、夢が広がる一方で、選択肢も多く、あれこれと迷ってしまいます。

買えるもの、買えないもの、これは資金の額によってある程度決まってきますが、お金だけではありません。住む人の生活スタイル、人生設計によっても選び方は変わってきます。

転勤のあるサラリーマンの場合、家を買うタイミングというのは非常に難しくなります。賃貸で定年まで暮らす方法もありますが、家族の生活や子どもの教育問題もあり、単身赴任覚悟で家の購入に踏み切る人が多いようです。

家族がふえる場合もあれば、子どもが独立して夫婦二人になり、住み替えを考える場合もあるでしょう。
いずれ住み替えで家を売ることも想定に入れるのであれば、処分しやすい条件の物件にしておくのも一つの考えです。





この記事をシェアする

↑ページの先頭へ